Wi-Fiにした理由と使ってみて良かった事

私は普段、Wi-Fiに利用しているのですが、
自宅で使用する頻度がとても高いです。

まず、自宅のノートパソコンがWi-Fiに接続してあります。
そして手持ちの携帯電話もWi-Fiの設定済みで、家に戻ると
自動接続するようにしてあります。

また、PS3などの家庭用ゲーム機やDSやPSPなどの
ポータブルゲーム機もWi-Fi接続しています。
このWi-Fiにした理由は、住んでいる賃貸マンションで
すでに利用したいと思っていた通信速度のWi-Fiが
備え付けられていたため、契約後そのまま利用することになりました。

使用してみて良かったことは、まず通信速度が速く安定しているため、
快適にインターネットや携帯のアプリを楽しめることです。
携帯をWi-Fi設定にしてから、外出時のみ携帯会社の電波を
使用しているため、携帯のネット接続代金が大幅に下がったところも
嬉しいです。

特に携帯のアプリのアップデートをWi-Fiではない環境で行ってみた
ところ、想像よりも遅い上に携帯の電池消耗も早く感じたため、
それ以来はWi-Fi接続時にアプリをアップデートできるように
設定するほどでした。

また、LANケーブルを使用しなくて済むのでノートパソコンを
固定の部屋以外でも使用することができるところも良いですし、
Wi-Fiを繋いでポータブルゲーム機等のインターネットストアに
接続して、パッケージ版よりもお得なダウンロード版のソフトを
買い物できるところも便利なので気に入っています。

なぜwifiにしているか、その理由

普段家でインターネットをする時は、契約している
フレッツ光の回線をルーターを使って室内に無線で
飛ばして使用しています。

なぜWiFiにしているかというと、家にはノートパソコンが
2台あるので、1台1台有線で繋いでインターネットを
するのは面倒だからです。

スマートフォンも2GBまでしか高速で通信できないプランに
しているので、家にいるときはパケット数の節約のために
WiFiを拾って通信しています。

海外旅行に行ったときにもWiFiを活用しています。
日本に比べると海外は無料のWiFiがあちこちで飛んでいるので、
わざわざ海外ローミングを使って高い料金を払わなくても無料で
インターネットを使うことができます。

グーグルマップを使用して目的地への行き方を調べたり、
レストランの情報を調べたり、ツアーや飛行機、ホテルの申し込みも
現地で通信料無料で出来てしまうので、バックパックで旅行をしたとき
にはとても役立ちました。

もちろん、海外旅行でホテルを予約するときは必ず無料WiFiの
付いているホテルを選ぶようにしています。

海外旅行をするときにSIMフリーの携帯を持って行って、
現地で格安のSIMカードを購入してそれを差して利用すると良い、
ということを耳にすることもありますが、格安SIMはたいてい
使用できるパケット数が少なかったりしますし、WiFiを拾えば
無料で通信できるので、わざわざ国内の携帯電話ショップで高い
手数料を支払ってSIMロック解除をしなくても、私は海外では
無料WiFiを拾っていれば事足りると思っています。

安定した回線環境

au DATA08Wを仕事で利用しています。
機種選定の決めては本体にクレードルが付き、そのクレードルには
有線LANのポートが付いているためです。

無線でのPCや端末との接続はもちろん可能ですし、
LANケーブルを挿すことによって有線接続でも使用する
ことが可能です。

また、このLANポートはLAN側に向けて使えるため、
ハブやルータをかましてポートを増やすことによって
複数台の端末を有線接続することも可能です。

この点、ソフトバンクにも似たような端末があったのですが、
それはWAN側にしか使えないポート
(光回線などに接続してローカルルータとして使う方法)
だったため却下としました。

PCやプリンタは有線接続にする、スマホやタブレットは
無線接続で使う、ということが可能で、また外出時には
クレードルから外して持ち出すこともできますので、
要は家庭のインターネット契約をDATA08に切り替えることにより、
家庭用光(またはADSL)契約+WiMAXの複数契約を一本化する
ことができます。

家族複数でインターネットを使う場合は持ち出してしまうと
問題ですが、一人暮らしなどであれば経済的ですし、
効率の良い使い方ではないかと思います。

また、同様の使い方ができる端末としてドコモのBF-01Dが
候補として上げられます。
ドコモ電波圏で使えるため、こちらのほうが安定した回線環境を
得られやすいかもしれません。
特に建物内ですとauの電波はよくないです。

WiMAXの実力・便利性

家ではWi-Fiを使用して2台のパソコンで仕事をしています。
有線LANと違い、コード類がごちゃごちゃすることがないため、
気に入っています。

ただ、どういうわけか通信速度が遅いのが問題ではあるのですが、
それでも動画や重いものを扱う仕事ではないため、おおむね良好です。

帰省や旅行で家から出ないといけないときは、パソコン1台を
持ち出し、フリースポットを利用して仕事をしています。
無料でインターネットが利用できるだなんて、ダイヤルアップ回線の
頃を振り返ると、つくづく便利な世の中になったなあと感じます。

最近ではWiMAXも併用するようになりました。
タブレットを購入したはいいものの、外出先で使えないのは
もったいないと思ったためです。
ちなみに、在宅勤務の自分は、外でインターネットに接続する
必要性がほぼないため、スマホは所有せず、電話はガラケーの
ままにしています。

WiMAXの良い点は、環境によっても違うのでしょうが、
通信速度が速いことです。
自宅パソコンも、タブレットも、WiMAXに接続したほうが心なしか快適です。

そしてやはり、外に持ち歩けることです。
田舎へ帰省する際、Wimaxを持っていきましたが、都市部では快調でした。
知りたいときに出先でも調べられるというのは大きなメリットです。

ただ、問題はエリア外になってしまったときです。
帰省先が田舎で、移動中はほとんど使用できませんでした。
エリア拡張を望みたいところです。
そうなると、WiMAXエリア外に行く用事がある場合は、SIMフリーを
試すという選択肢が出てきます。
次回は試してみたいです。

そしてWiMAXの実力・便利性を知ってしまった今、Wi-Fiを解約しても
いいのではないかという考えが、ふと頭をよぎっています。